ブログトップ

月あかりの産屋

「コウノドリ」を観て2首

”3キロの 無脳児 生(あ)れし日 蘇る
     六畳の間の隅にぽつん・・と”
”産声を 聴ける奇跡を 知る母の
     御胸に抱かれ 嬰児(みどりご)よ 眠れ”
[PR]
by akemi-karko | 2015-12-05 16:50 | 日記風即興短歌 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28