人気ブログランキング |
ブログトップ

月あかりの産屋

またまた凄まじかったこの2週間・・

テレビの取材と撮影が 2日でした。そこからです、大忙しの始まりは・・。助産院に入院が 3名重なってしまい 菅先生と私は、もうこうなったら笑うしかないわね・・なんて話しながら乗り切りました、この2週間を。勿論、私達2人では 到底無理。他4名の助産師のヘルプと1人のヘルパーの力をお借りして何とか・・でした。途中、菅先生の首が回らなくなって、急遽私がお産の介助に入りもしました。明日、その方のご退院を見送れば、ちょっと休めます。来週は、病院受診で 浜松やら川越へ。自宅でのテレビ取材。受け持ちの方の1ケ月健診。その後は イタリア。そして、もう”月と産声”の最終回の執筆に掛からなければならず、どうしよう・・って感じ。アメリカ前に 書けるんだろうか・・。またどこかで 短期集中してやるしかない。文献もいつでも読めるように 持ち歩いています。脳生理学者で菅先生の友人でもある大島清氏の”動物からみた 母乳哺育”を今は読んでいます。そう、ラストのテーマは、”おっぱい”なのです。
 そんな日々であっても、元気になると急に人並み以上に活動的になる私。現代書家で 以前ブログでもご紹介しました外山博彰(はくしょう)先生の個展に出掛け 先生とお話。来年の5月には、フィレンツェで作品発表されるそうです。お知り合いのフィレンツェ在住の方に連絡をとってくださり、うまくいけば 今回のイタリアでその方にお会いできそう。楽しみです。
 そして、昨夜は お芝居”シャンハイムーン”に酔いました。百面相のように変化する顔と声を持つ友人の又木克昌氏の演技に圧倒されました。魯迅役の方は、76歳なのだそうです。3時間にも及ぶ舞台・・6名の役者が それぞれの光を放っていました。とても感動・・でした。終わってから、親友のひとりと久しぶりに居酒屋へ。静岡おでんとウーロン茶で 魯迅談義に花を咲かせ、帰宅は23時をまわっていました。珠には いいですよね?不良主婦でも。
by akemi-karko | 2006-11-12 19:35 | 愉快な仲間たち

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31