ブログトップ

月あかりの産屋

たとえば 今日7

 3晩夜勤が続いて さすがに疲れました。疲れ過ぎて眠れないし 動けない・・。それでも 今日の天気をみて これは 掃除するしかない。朝から 洗濯に掃除、衣替えに本の整理。動いては休み、また動いては また休みで 珍しく一日家にいました。久しぶりに琴でも弾こうかなと ツメを探しましたが見つからず、さて何処にしまったんだっけ?!幼い頃から 色々な習い事をしました。私はなにが好きなんだろって試しましたよ、それはいっぱい。オルガンに書道、琴に日本舞踊、茶道にそろばん、英会話にスペイン語、そして着付けに華道に陶芸。書道は確かにやって正解!琴も外国のゲストがあるときは 喜んでくれます。夫の狂い弾きのギターにちょっと対抗意識。いやまて、ギターと琴のコラボってのもいいのかも。
 中学生から 先日の講演の感想が送られてきて 約束どうり質問の返事を書きました。一番考えたのは、”ジェンダーフリーについてどう考えますか?”という男の子からの質問。男と女の役割の違いを強調したので、頭の隅っこで覚悟していた質問ではありました。1週間考えて やっと今日返事が書けて・・。ふぅ・・です。3秒にひとりの子供が いま この地球のどこかで亡くなっているという話や紹介した”100人の村に生まれたあなたへ”の本のインパクトが強かったようです。子供たちの感想で私はまたパワーをもらいました。みんな!ありがとうね!
[PR]
Commented by aurora at 2007-04-04 21:28 x
中学生の頃・・・懐かしいです。
まさに思春期、色んなことを感じ、悩み、考え、吸収していく時期ですね。
エネルギーを内に秘めて、キラキラ眩しいくらい!
そんな時に朱美さんのお話を聴けるなんて・・・。
きっと、大切な人生の杖になったことでしょうね!
なんだか私まで嬉しい気持ちです。



Commented by MWMOON at 2007-04-05 04:51 x
ジェンダーフリー・・・どんな内容にしたのか興味津々でしたが、うかがってもよろしいでしょうか?
Commented by akemi-karko at 2007-04-05 07:58
auroraさん・・中学生っていいですね。自分の時は 弟を亡くした後だったので、ほんとに苦しかったのですが 今にして思えば あの3年間が一番自分と向き合うのに真剣だったような・・やっぱり懐かしい。たいしたお話はできなかったけれど 何かのきっかけになってくれたらいい・・それだけ。私もそうしてたくさんのひとから きっかけを頂いて生きてきましたから・・。
Commented by akemi-karko at 2007-04-05 08:09
mwmoonさん・・反応がなかったから心配してました。相当参ってるのかなって。さて、ジェンダーフリーの件。”時代や現代でも国によって ジェンダーフリーを声だかに叫ばなければならない状況はあります。でも、男と女のからだのつくりが明らかに異なる以上、役割の違いも明らかです。ただ大事なのは 違いを認め合うこと。尊重しあい いたわりあうことなのではないかと思います。”なんてとこでしょうか。実は もう忘れちゃった。その時必死でその子のことだけ考えて書いたんだけど、なにせ疲れ切っていた日に書いたんで・・(そんな日なら やめときゃいいのにって言ってない?)ともあれ、ご意見は充分参考にさせていただきました。いつもありがとう!
by akemi-karko | 2007-04-01 21:02 | たとえば 今日・・ | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30