ブログトップ

月あかりの産屋

2007 真夏に詠む

”クマゼミと赤児の輪唱 響きたる 産屋の朝は こうしてはじまる・・”
”七色の羽もつ鳥と戯れば しばし忘れし 再発不安”
“千の風 百でもなくて万でなく ちょうどいいんだ 千なる数字”
”癒すため きっと七色授かりし インコのピコラは ヒーリングバード”
”美に貝と 書いて ミシェルと読む児いて 時代についていけないでいる”
[PR]
Commented at 2007-08-13 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akemi-karko at 2007-08-14 18:29
鍵さん・・通ってるんだよ。変だよねぇ。心と書いて はあとくんってのも実際あった。わからない・・
Commented by aurora at 2007-09-04 16:52 x
ありますよね、むずかしい名前。
『聖夜』と書いて『ノエル』、『原子』と書いて『アトム』、『花愛心』と書いて『ハート』など・・・。
学校の先生、読むの大変でしょうね。
そんな中『今日子』と名づけたご両親がいらっしゃって、「わぁ~、かわいい名前~」とスタッフ全員で感激したことがありました。
Commented by akemi-karko at 2007-09-07 09:14
auroraさん・・確かに 今日子・・いいですねぇ。一 一 と書いて 二の前 はじめさんって方もいるのだとか。
by akemi-karko | 2007-08-12 07:16 | 日記風即興短歌 | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28