人気ブログランキング |
ブログトップ

月あかりの産屋

たとえば 今日・・9

 お産はまだ始まらない。来月9日からのチベットまでに4人。後17日だ。重なりそうで 菅先生もさすがに気が気でないご様子。私も荒れまくってる最中にチベットでは 気が引ける。この落ち着かない日々・・以前であれば ずっと携帯が気になって眠れないでいたが ここのところ大丈夫。というにも、ご親切な方から、光触媒温熱ドームをお借りして毎朝、夕1時間入り、汗をかいている。そして、寝る前には インドネシアンハーブオイルを使って 夫が背中をマッサージしてくれるからだ。ありがたや、ありがたや。
 昨日は映画”SICKO”( シッコゥ)を観た。医療保険制度のないアメリカの実態が、マイケル・ムーア氏によって浮き彫り・・あぁ これじゃ病気の私は住めないじゃないと思った。鑑賞中、電話が入った。母校中学での講演依頼だった。月と産声7は、”21歳のお産”でまとめ、昨日校正を提出し、ほっとしていた。例の如く、できませんとは言わない。自信があるとかではない。話をいただくというのは、やることになっているから・・と思うから。だから、ひとつひとつが未知への挑戦。1昨日は 走行中パンクしてちょっと危なかった。私も車の車体にも不思議と傷はなく、守られた・・、まだ私には仕事があるってことだと思った。そして・・だもの、やっぱりやるしかないでしょ。そういうことですね?神様?
by akemi-karko | 2007-09-22 07:07 | たとえば 今日・・

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31