ブログトップ

月あかりの産屋

遥かチベットの地より その一

f0036223_1673372.jpg

NHK特集チベットを出発前夜観て 中国人のホテルオーナーの何でもありの欲の深さに気分が悪くなりました。その気分を引きずっての出発。上海 西安 西寧 と三度飛行機を乗り換え 西寧からはいよいよ青蔵鉄道2000キロの旅。乗車5時間後には 高度5000メートルに。息苦しくて 歩いてもふらふら。トイレで吐いてる客もいました。酸素があるから大丈夫と思っていたら 午前三時からでないと使えないと言われ、それまでの5時間の長かったのなんのって・・27時間の間 一睡もせず 25回以上トイレに通い(というのも、高山病予防には水分を1日4リットル飲めといわれるからそれはもう飲みまくり・・) 医者の往診に酸素吸入。顔や口唇はみるみる浮腫み 末梢血管酸素飽和度は酸素を吸っていて84パーセント。呼吸の安定しないベビーの気持ちがよくわかりました。声が出せない苦しさ・・自分の体の限界を知るいい体験。来なければわからなかったことですから。ラサに到着時には 38度の熱と酸素飽和度は70パーセントに下降。肺水腫の疑いで点滴 酸素2リットルオールナイトの夜でした。
[PR]
by akemi-karko | 2007-10-16 16:07 | 地球あちこち | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28