ブログトップ

月あかりの産屋

2006年 2月6日 東京は寒かった

”友誘う 民俗学の森のなか トトロの森が浮かびウキウキ!”
”ヒマヤラの氷が溶けて湖(うみ)ができ 決壊怖るる ブータンの民”
”ネパールの草木を染めし手袋が ツンと冷えたるわが手を包む”
”つかの間の今世で出逢えし 偶然の 君異邦人 我異邦人”
”左目に木瓜(ぼけ)が刺さりて 夫(つま)を呼ぶ 片目つぶるも つぶる目間違う”
”リセットの必要な時は 旅にでる (ふらっとタイへ)にポカンとする夫”
”待合で 90過ぎのおばあちゃん 乗り出す話題は ロッテと巨人”
”頂いたグリーン席のチケットで セレブ気分の東京ー静岡”
”富士川は 水無し川となっており (どうなってるんだ?)と富士に尋ねる”
   本日詠んだ9首です。57577になっていませんが、どうぞ大目に・・。
[PR]
Commented by 優のママ at 2006-02-06 22:58 x
おもしろい!カーコさんそのもので・・
目は大丈夫かしら、でも間違う位ならいいか。ふらっとタイもいいね~
所で、東京へは何をしに行ったのかしら?友達も今日は寒いって言ってたな~春はまだか・・

Commented by akemi-karko at 2006-02-07 12:16
優のママさんへ・・まず、目の件。眼科の医師は、枝のせいでなく、アレルギー性結膜炎ですねと。What?私は、ポカンとしちゃいました。だって・・明らかに枝が刺さって充j血は間違いないのに。”違う・・”とひとり事いいながら帰宅。タイの件・・許しでず行けない。他のリセット法を考えねば。東京の件・・定期検診に川越へ。日帰りはきつかったけど、グリーン車でとてもしあわせだったから、すべてOK!
by akemi-karko | 2006-02-06 21:03 | 日記風即興短歌 | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28