ブログトップ

月あかりの産屋

ターシャ・テューダーさんの訃報

f0036223_882969.jpg

友人の順子さんから ターシャに関する本を借りて、繰り返し読んでいました。今朝の新聞を見て あぁ 逝ってしまわれた・・と。八月 バーモントは近いので 夫に連れていってもらう約束をしていたばかりでした。でも すべては必然的なタイミングだと思っていますから こういうことだったのだと。
  山の中に住んでいても 動き回る習性の私には 憧れてもできそうにない生き方をされたターシャ・テューダーさん・・彼女の言葉を昨日も読み返していました 
    思うとおりに歩めばいいのよ・・・ ターシャより

この紫陽花を見ていると この間隔とバランス・・自然界が凝縮されてるような気がしてならない。
[PR]
Commented by utano ishigaki at 2008-06-21 13:04 x
本当に、この間そのお話を聞かせていただいたばかりなのに。
私もターシャさんの本を読み返しています。
Commented by akemi-karko at 2008-06-21 15:04
utano ishigakiさん・・ほんと、一緒にターシャのことを話したばかりよね・・。しとしとの雨を時々眺めつつ 私もターシャの本を読み返しています。
 ”雨の奥に 静かな別の世がありて 6月は亡き人と目が合う・・”という短歌を思い出しながら。ターシャを想いながら・・
Commented by annebm at 2008-06-22 06:48 x
ターシャ チューダーさんの本、私の母の本棚にもありました。
この方の世界を、どこかで憧れない人は 特に女性ならいないのではないかしら。彼女の在り方が、生き方が、暮らしに自然と表れていた.. ハーモニーを感じていました。

青いけしの花!! けしの花、大好きです。こんなに真っ青のそれがあるなんて.. 世界は知らないことだらけですね.. 神秘的な色。
雨の多い季節、そうですね、奥に静かな別の世が、あるような。
Commented by akemi-karko at 2008-06-22 19:16
annebmさん・・蜜蠟で蠟燭を作るあの作業の根気ってすごいと思ったことがあります。いのちに限りがあることはわかっていても 消えてしまうっていうのは寂しいですね。
青いけしの毒は強いのだと叔父が教えてくれました。だからこそ この透通る青・・境界色ってことなのでしょう。
by akemi-karko | 2008-06-21 08:08 | 花々 | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31