ブログトップ

月あかりの産屋

カテゴリ:地球あちこち( 43 )

20代後半にウブドゥで買った絵

f0036223_2212512.jpg

毎日 目に入ります
何度も書いてきましたが、この世で私が尊敬するのは農業をされているみなさんと母親をされているみなさんのすべてです
この絵は インドネシアの太陽を受けて 眩しいほどに煌々と輝いていました
一目で気に入った絵です
器用だった父が 世界堂さんで作ってもらった別のパネルを見て ササッと絵を張り付けパネルにしてくれました
30年以上わたしと共にあちこちして一緒にいるわけです
しみじみと眺めた1日でした
[PR]
by akemi-karko | 2018-01-08 22:12 | 地球あちこち | Comments(0)

ブロッケン地区にある古い井戸

f0036223_727826.jpg

かつてこの地を治めた王家の紋章がついていました
いまは井戸としての機能は果たさず
寄付金を投げ入れ
そのお金は この世界遺産ブロッケンのために使われるのだそうで
つまり貯金箱ってことになります
[PR]
by akemi-karko | 2012-12-24 07:27 | 地球あちこち | Comments(0)

ノルウェー ベルゲンファーストマリンホテルより

f0036223_9225193.jpg

帰国前日からクリスマスカラーに♪
[PR]
by akemi-karko | 2012-12-04 09:22 | 地球あちこち | Comments(0)

ノルウェーにて

f0036223_19501426.jpg

雨でも 夜でも ベビーカーはあちこちに♪
ほとんど押してたのはパバでした ママは仕事かなぁ??
[PR]
by akemi-karko | 2012-12-03 19:50 | 地球あちこち | Comments(2)

ノルウェーにて

f0036223_19463674.jpg

どう見ても 傘が小さすぎるんじゃないかいF9C8.gif と思って一枚。
[PR]
by akemi-karko | 2012-12-03 19:46 | 地球あちこち | Comments(0)

ノルウェー、バスの中

f0036223_1049197.jpg

連結された大きいバス。 ガソリンも高いので 人々はよくバスを使います
アナウンスはないので 自分で気をつけて景色を見ていないと乗り越してしまいます
寝てたら終点まで行って戻って 乗った場所ってこともありえるF9C8.gif

今宵は満月。
昨日あたりから お産の現場は忙しい そして今夜も夜勤です
「月と産声」の原稿もいま提出。
ノルウェー休暇の影響でハードだった11月がもうすぐ終わってくれる(^^)
ヤッホー!
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-28 10:49 | 地球あちこち | Comments(2)

ベビーカーだらけ

f0036223_12545162.jpg

朝も夜も 雨であっても 風が吹いても ベビーカーを見かけなかったことはなかった
ホテルで取材したご夫婦はたまたまおふたりとも医師。
ベビーカーを見せてくださった
羊毛の寝袋がセットされ カバーに蚊除けネット
それにタイヤの大きさ クッションが日本に比してまるで違う
赤ちゃんに外の空気を吸わせたい
自分自身のエクササイズと
ストレス解消も兼ねてるのだと話されていた
体験させてもらいと・・なるほどウキウキ楽しくなる感触。
これはいいと思った(^^)
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-21 12:54 | 地球あちこち | Comments(2)

フィヨルドにすっと立つ一本の木

f0036223_18303995.jpg

ベルゲンからバスで南へ50分,OS(オース)へ。
ホテルの部屋からフィヨルドがみえるちょっと贅沢なホテルに一泊。
パス乗り越してしまって少し焦りましたが なんとかなりましたF9C8.gif
ある一族が経営するホテルは個人客のみ すばらしい食事、内装、接客、庭でした
で、またバス(!)でベルゲンに戻ったのでした
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-20 18:30 | 地球あちこち | Comments(0)

ベルゲンに架かる虹

f0036223_18201178.jpg

虹はよく見ました
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-20 18:20 | 地球あちこち | Comments(0)

ノルウェー、森の妖精トロル

f0036223_17435779.jpg


トトロのモデルなのだそうです♬
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-20 17:43 | 地球あちこち | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31