ブログトップ

月あかりの産屋

カテゴリ:地球あちこち( 43 )

やっと会えたね

f0036223_17395362.jpg

14日新月に生まれた赤ちゃんを抱くパパ 。
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-20 17:39 | 地球あちこち | Comments(2)

世界遺産のブリッケン地区

f0036223_15255422.jpg

ホテルはこの近くだったので 毎朝ひとりで散歩したエリア。
子供の医療費は七歳まで歯科も含めてすべて無料。
お産もどんなお産であれ手術であれ無料。
大学まで教育費無料。留学生も無料。
消費税25%でも クロワッサンがひとつ500円でも
子供をみんなで大事にするノルウェーは 弱者に優しい国でした
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-19 15:25 | 地球あちこち | Comments(0)

ベルゲンの町

f0036223_184514.jpg

365日のうち 400日が雨だというベルゲン。 毎日雨でしたが わずかに太陽の出た瞬間がありました
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-18 18:04 | 地球あちこち | Comments(0)

北欧雑貨「Ting」のディスプレイ

f0036223_1738210.jpg

見慣れてない色使いとデザイン 絵・・なるほど(^^)
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-18 17:38 | 地球あちこち | Comments(2)

1666年 ベルゲン最古の建物

f0036223_17362559.jpg

[PR]
by akemi-karko | 2012-11-18 17:36 | 地球あちこち | Comments(0)

早朝の成田空港

f0036223_6374354.jpg

レストハウスの部屋から管制塔が見えます
快晴。
くたびれ果てていたので 昨夜は爆睡 美声はまだ完璧に戻りませんが、さわやかな目覚めの朝です
初 ブリティッシュエアライン・・ ちょっと楽しみ♪
さてと 旅の始まりだ(^^)
[PR]
by akemi-karko | 2012-11-10 06:37 | 地球あちこち | Comments(0)

25年前のスワヒリ語教科書

f0036223_1728165.jpg

ナイロビの助産師と話をするため アフリカに行ってこようと思います。
「アフリカの水を飲んだものは アフリカに還る」という諺があるそうです
25才の時 アフリカの大地に立ち それから25年経ちました
やっぱり 今行くべきなのだろうなぁ・・と直感的に思ってます
50歳の間に チャンスを自分で作ろうと思います
それまでに スワヒリ語をもう一度。
自己紹介くらい言えるようにしないとねぇ 
勉強したはずなんだからさぁ 
[PR]
by akemi-karko | 2012-07-04 17:28 | 地球あちこち | Comments(0)

みんなちがってそれでいい

f0036223_11563784.jpg

・・という意味だろうと瞬間的に思ったこのポスター。
多民族共存共生のカナダだからこそ。でもそれってなんにでも当てはまる気がします。
違いは個性。大事なのは認め合うこと、differentを楽しむ心の余裕なのではないかと。

・・とそんな話をしてくれない?って流れに朝の電話中なりました。彼女は英語で授業する中高一貫教育バイリンガルコースコーディネーターです。教師だけじゃなくて第三者からのメッセージも必要かと思うんだよねぇ。なんなら英語で(笑)英語は無理だけど 面白そうじゃないってことで「いいよ~」と恐れ知らずの私は返事してました。公立校の生徒さんたちと違うんだろうか?食らいつき方や突っ込みはどう来るんだろう?まだ決まったわけでもないのにちょっとウキウキ♪もちろんお産のお話から上記の流れに持って行くんですけどね!
[PR]
by akemi-karko | 2010-04-18 11:56 | 地球あちこち | Comments(0)

ミッドワイフクリニックにて(トロント)

f0036223_11131632.jpg

オンタリオ洲では、妊娠すると病院で産むのか助産師に依頼し自宅で産むのかを妊婦は選択する
依頼された助産師は責任もって妊娠期間を見守り 自宅でのお産を手伝う
そのときに必要な七つ道具の鞄の中に ストローが一本。
「そうね、これは大切ね」と微笑めば 「そうよね 小さなことが大切だったりするものよ」と返ってきた。
産婦さんは 少量の水分を取りながら命がけのお産に臨む
日本ではこの水を「力水」と呼ぶ
この水分を取る時に必要なのがこのストローというわけだ
どんな体勢であっても水分の取れるストロー
七つ道具には必須である
考えることは いずこの国の助産師も同じ。・・・とこの書き方は ”月と産声”の書き方だ(笑)

夜勤明け・・今日もお二人のお産をお手伝いしてきました。疲れはしても清々しい気分・・
[PR]
by akemi-karko | 2010-04-06 11:13 | 地球あちこち | Comments(0)

靴磨きのおじさん( モントリオールの空港にて)

f0036223_11111146.jpg

お気に入りのイスラエル製皮のショートブーツを いつか磨いてほしいと思っていた、いつも空振りで叶わなかった細やかなこの夢が今回叶った。バナマから単身赴任中というこのおじさん 「写真を撮らせていただいてもいいか?」と問えば 「モチロン!」とこのポーズ・・無理に短い足を上げる。
「どれくらい時間がかかるの?」に「君のためなら1日かけるよ 」とくる。このノリが楽しくてたまらない♪
友人も磨きたいというので引き返せば どっかに行っちゃってもういない。あ〜ぁお客さん逃しちゃってと私はうふふ。欲のないとこがまたいいんだなぁ〜
[PR]
by akemi-karko | 2010-04-02 11:11 | 地球あちこち | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30