ブログトップ

月あかりの産屋

カテゴリ:伝えたいこと( 25 )

「寄り添う」と看護

「寄り添う」・・とは どういうことか を いま日々考えている
いままでの 「寄り添う」 は お産が中心だった
いいお産をしていただくために 受け入れ 寄り添う
私のいういいお産とは優等生のお産ではない
わたしにもできた という自信につながるお産ならば 
どんなお産であってもいいお産だと思っている
人間を育てていくために その自信は力になるからだ
定義は 私の中にある

いま日々考えている「寄り添う」は
お産から 更に底辺にある看護。
助産師になるもっともっとずっと前に
白血病の弟の看護をしていた11歳の私が目指していた
看護をしたいという 患者に寄り添う看護の原点に立ち返っているような そんな毎日。
心身はハードであっても なぜだ・・楽しくてたまらない
私は 根っから 看護が好きみたいだ。

[PR]
by akemi-karko | 2017-06-02 22:13 | 伝えたいこと | Comments(0)

産みどき はある

f0036223_18564522.jpg

卵子は老化する
ならば 産みどきというものがある
二十代後半に第一子を産むといい
卵子は老化する という表現で習っていたら
私の生き方はたぶん九割は変わっていた
愉快な人生を歩んできたし、歩んでいるが
五十代になって
女として生きてきて
ただひとつ
後悔があるとしたら
そこ。
なので 二十代のあなたへ
やりたいこと いっぱいあると思う
でも いまがいい ということがあることも
覚えておいて。
わたしのように 後悔しないためにも。

[PR]
by akemi-karko | 2017-05-31 18:56 | 伝えたいこと | Comments(0)

縄文時代の祭祀具「石棒」を見る

f0036223_15636.jpg

雨の中、藤枝市郷土博物館に行ってきた
目的は 写真に写っている完璧な形でご近所にて出土された縄文時代中期の石棒。
子孫繁栄を願った祭祀具で、長さ64、5㌢ 重さ16㌔地面に突き立てて使用したようである
何度も足を運んでいる博物館なのに 教えていただくまで全く目にも入らず関心も持たなかった石棒。
住んでいる瀬戸ノ谷をもっと知りたいと思った。
18日夜は 滝沢の田遊び。 今年も孕五月女(はらみさおとめ)を見にいく。
[PR]
by akemi-karko | 2017-02-09 15:06 | 伝えたいこと | Comments(0)

Step by step (静岡信用金庫さんホームページ)

そんなタイトルの取材を受けました。
担当者の方の 一生懸命さがなにより 気持ちよかった。
「静岡の輝く女性」というりレー取材だそうですが
20代の担当者さん・・清々しい輝きをもつ女性でした(^^)
 
さて、明日は1年1度の検診です。
[PR]
by akemi-karko | 2015-01-20 19:00 | 伝えたいこと | Comments(0)

引佐 懐山(ふところやま)のおくない

f0036223_2144465.jpg

今日は浜松へ
愉快で素朴で ほのぼのしたおくないでした。
[PR]
by akemi-karko | 2015-01-03 21:04 | 伝えたいこと | Comments(0)

菖蒲の葉を頭に巻き沐浴。

f0036223_21272896.jpg

歯医者さんの待ち合いに置いてあった昭和30年代の写真より。
赤ちゃんの健やかなる成長を祈り、菖蒲の葉を赤ちゃんの頭に巻いてお風呂に入れている。
なるほど。 こんな風習が復活してほしいとわたしは願う。
毎日 難産が続いている 。今日も15分でお弁当を食べて 約9時間動きっぱなしだった・・
来月はアメリカにお墓参りだが とてもまだそんなどころではない 気持ちも体も 「今日」でいっぱいいっぱいだ。
とりあえず明日の夜勤が終わったら さいたまの病院受診。関東は暑そうだな・・
[PR]
by akemi-karko | 2013-07-16 21:40 | 伝えたいこと | Comments(2)

TBS「いのち輝きSP」

f0036223_2323372.jpg

全国放送というのは すごいなぁ・・と実感。
鹿児島の先輩助産師やら大学で関わった学生、友達とメールが次々と届きました。
番組スタートと同時に最初に登場したのが 私がサブで入った自宅分娩でした
なにがって・・ あまりのわたしの疲れて浮腫んだ顔に 我ながらショック・・
丸尾さんは 自分の太さにショック・・
ふたりでガハハッて笑いっこ。
家族で新しいいのちを迎える
そうしてきたんです ずっとずっと昔から。
[PR]
by akemi-karko | 2013-04-29 23:23 | 伝えたいこと | Comments(4)

朝の閃き

f0036223_7104416.jpg

花ばかりみて 仕事ばかりしてるわけではない
「(震災がきても慌てない)母親力をつける」と題して まとめようと思う。
助産師として得た知恵と知識、 取材させていただいた先輩助産師さんたちから伺った知恵を結集して 現代の母親のために 書く。話す。
雪の中を下駄で歩いたり、行ったこともない国の景色が現れたりと変な夢ばかりみて 今朝は4時に起床。
最後にきた閃きがこれだった。
今日から4月。
動きます。
 
さてと・・洗濯にお掃除 お弁当も作り終え、これから自宅分娩された方を訪問。
夕方は 静岡市瀬名のくさの助産院へ 日本酒の磯自慢が手に入ったのでそれをもって遊びに行ってきます。また楽しくて面白い助産師たちが集まる魔女の夜会となるのかも・・
[PR]
by akemi-karko | 2013-04-01 07:10 | 伝えたいこと | Comments(0)

玄関先に ちいさな花

f0036223_703055.jpg

昨日は 「家にずっといて休もう」と思ってましたが
夕方 ナース友達と 在宅ケア(ホスピス)専門のつばくろ在宅ケアクリニックを訪問。
先生と奥さまにお話を伺いました
以前テレビで放送されて[覚えておこう!]とずっと頭にあったクリニックです
家で最期を迎える その手助けに情熱を傾けて 10年だそうです
家で最期は・・は 私の最初からの希望
いつもの景色を見ながら 愛するひとに囲まれて
自分の建てた地球上の家のリビングで・・これって私が望んでいたお産のシチュエーションと同じだ 。
このブログもそこから始まりました
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-04 07:00 | 伝えたいこと | Comments(0)

中学校から感想文届く

f0036223_2141862.jpg

撃沈した先月のいのちの話。
春からの疲れが全く取れないままの心身で 反省ばかりの講演でした
反応が無くて 途中養護の先生に 「このまま続けてもいいんでしょうか?」と小声で聞いてしまうほど 自信がなかったんです 実は。
もうやめよう これを最後にしようと思いながら帰宅しました

でも全員の感想文を読ませていただいたら ちゃんとポイントをキャッチしてくれていました
どの文も文字も 個性的で ナイスでした
テンパっていた 私に 優しすぎる感想 でした
ありがとうはみんなに。
「またきてください」・・嬉しかったです
さて お約束。
質問にはすべて答えるんでした。
これから コツコツひとりひとりにお返事を書いていきます 。

写真は 焼津港からの夕陽。
[PR]
by akemi-karko | 2012-08-23 21:04 | 伝えたいこと | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31