ブログトップ

月あかりの産屋

<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アメリカ里帰り2008

f0036223_11321293.jpg

そろそろ8月渡米の計画を立てなくては・・と久しぶりに 地球の歩き方をベットに持ち込む。今回の最大の目的は 義父の看護。には、私が元気であるのが大前提なのだが、来週はまたMRI。なんとか行けるように体をもってかないとと思っている。義父が元気な時は 義理の叔父が住むサンフランシスコから ニューヨーク州の自宅まで車で大陸横断しようと話が盛り上がったことがある。私も義父も本気だった。が、若干一名の反対で計画は白紙。あの時にやっときゃよかったと思うが 私はまだ諦めてない。15年経ってもピンとこない夫の国を感じるにはそれくらいやらないと。今回は 一度は泊まってみたかったケベックのシャトーホテル泊(カナダですが)で譲るとしても・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-29 11:32 | アメリカの日々 | Comments(0)

ひとつの 小さな愛のものがたり

f0036223_20241772.jpg

ひさしぶりに小田先生宅を訪ねた。真紅のばらは小田宅の野性ばら。お屋敷の半分以上を占めるナチュラルガーデンは ほんとに自然そのまま。実は秘かに私のお気に入りでもある。訳あって枝がザックザックと切られてしまった時は とても悲しかった。今日、そんな庭で一際輝いていたばら達・・。
カザリン・マンスフィールド作 小田幸雄訳 の "どこか子供っぽい、・・でもほんとに自然" と題する ひとつの 小さな愛ものがたりを読ませていただいた。先生の豊かで 優しい感性溢れる翻訳に感動・・至福のひとときを久しぶりに味わった午後。早く本になりますように・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-24 20:24 | Comments(0)

庭のすみっこに野いちごひとつ

f0036223_21331381.jpg

洗濯物を取り込んでたら この赤い赤い野いちごがひとつ・・勿論パクン。ちょっと欲がでて もっとないかなと探したけど このひとつだけ。だめだめ欲はよくない。この一粒で心が潤った。旬の果物・・まさに自然の恵み。ありがたや ありがたや。
骨転移はなかった・・ほっとしてふたりでぐったり。毎回この繰り返し。でも依然右手はしびれている。今朝 満潮時またひとつ新しいいのちが誕生した。オールナイトで 看護師さんに腰や背中に湿布を貼ってもらいながらがんばれた。擦る手がしびれできついときは ご家族にお願いした。手の代わりに膝を使って産婦さんの肛門を押さえる。意外といける。気付きはどこにでも転がっている。今日もみんなに助けてもらった。
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-22 21:33 | Comments(10)

梅子さんへ

f0036223_19453057.jpg

私が治療で苦しかった時 助けてくださったあなたが今は私の先を行く・・痛みやだるさから解放される穏やかな時間が 少しでも長く続きますように・・今日は 今年最小の満月なのだそうですよ 病室の窓からそっと夜空をのぞいてみてください

私の周りには、がん患者が多い 西洋医学の治療法は毎年のように変わる ということは、試行錯誤のいまだとらえどころのない科学及ばぬ病いであるということの証拠  しかし がんになると見えるものもある 感じられることもある これはもしかしたらものすごい がんでないとわからなかった 想像だけではわからなかった 昔からずっとあったであろうこの病いは もしかしたら贈り物・・なのかもしれない とさえ思ったりする 生きる意味 をきれいごとでなく もうスピードで考えることになる ひととして生まれて まとめ ができる しあわせではないか と思う
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-20 19:45 | Comments(2)

しずおかの文化 講演会ご案内

f0036223_22424525.jpg

絵本作家でもあり 鳥の巣研究家でもある鈴木まもる氏の講演[ 鳥の巣から見た人間世界 ]が来月14日土曜日 午後二時よりグランシップであります。全席自由500円 先着順90名です。
 ハタオリドリの巣は、妊婦さんを横から見た形にそっくり。巣は、大事な大事な新しい命を育てるお腹と一緒なのだそうです。先日は、TVに出演されてました。楽しいお話が 次々と飛び出します。きっと鈴木さんのお話に引き込まれることでしょう。ご一緒にいかがですか?
 
 電話054-254-8854 :しずおかの文化 編集部内 文化講演会係まで
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-19 22:42 | Comments(0)

しずおかの文化 第93 号発売!

f0036223_2244119.jpg

連載 月と産声9 今回は ブラッドシフトでまとめました。珍しく早々次号分も書き上がっています。9はラストのつもりでしたが、編集部の方からできるとこまで続けてと言われ、もう少し頑張ってみることにしました。編集長からは、ラストならもっとピシッと決めてよ!これじゃだめだよ!って言われたことも悔しくて。しかし、売れないことには 雑誌自体の存続も怪しく・・購入ご希望の方 いらっしゃいましたら 私までご連絡くださいませ。
一応、お問い合わせ先:(株)ピーエーシー「しずおかの文化」編集室
                tel:054-254-8854
        
   1冊 700円 1年購読 (4冊)2800円(税込 送料半額負担) 
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-17 22:44 | 連載 月と産声 | Comments(4)

無機質な場所で咲く5センチのスノーボール

f0036223_8114848.jpg

 大きな花は 咲かせられなくても 与えられた場所で それなりに自分の花を 自信もって咲かせている・・すごいなぁと思う
夫は いま吉田拓郎にはまっている ”誰に教えてもらったの?”と尋ねると ”人々” と答えた 彼の友人たちに 私はいつも感謝している ありがとう ジハンの皆様! そしてたぶん今夜も ギターで歌うだろうなぁ 「私は狂っている」 というタイトルの歌 他にないのかなぁ・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-17 08:11 | Comments(0)

暴走ゆずはオスだった

f0036223_19324116.jpg

インドネシア人のフィトリが ゆずを見るなり 髭あるし 角あるし(削ってある) おっぱいないし オスじゃん!って。私は固まりました。うそでしょ?メスじゃないの?あの妊娠騒動はなんだったの?と、信じられない私は、ご主人のダイゴに尋ねました。オスは妊娠しないよね・・?バカみたいな質問ですが,私の真面目な質問に 高校教師である彼は まぁ生物学上 ありえないでしょって。まぁ 当然だ。今日はこのお騒がせゆずが 縄を切りひとりであちこち暴走いたしました。ジムと相談、お腹がいっぱいになるまで ほっとこうということになり 原稿を書いていると なんと家の玄関の花にまで進出!だめっ~って縄を引っ張っては畑の草に集中させ・・何度繰り返したことでしょう。雀は 窓にぶつかり 15分動けなくなるわと色々あった一日でした。
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-11 19:32 | Comments(4)

花を追いかけ 色を追いかけ・・

f0036223_21164731.jpg

昨日、1800人目のお産を介助させていただきました。私の両手は頑張ってくれましたが 今回は殊に しびれて浮腫んでいるのに健闘してくれた右手に感謝尽きません・・。

 5月9日・・実は セカンドオピニオンを受けました。頚椎椎間板ヘルニアは、整形というよりも 脳神経外科が専門になるのだと 医療職でありながら初めて知りました。で、結果は、原因不明。ヘルニアはあるけど、それは左。症状が合わないということで、来週骨シンチです。
 ・・・でも、骨転移してる気はしない。きっと、ローズの来日で 台所とお風呂を無心で必死になって磨いたからなんじゃないかな・・それでどっかのパーツがずれたって感じ・・に思えてきた。
[PR]
by akemi-karko | 2008-05-08 21:16 | 花々 | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31