人気ブログランキング |
ブログトップ

月あかりの産屋

<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

すだち 今日岡山へ

f0036223_105036.jpg

ラストショットです。草刈り要員だそうです。なんて切ない響き・・確かに一石二鳥ではありますが 癒しの役割が9割りでした、私にとっては。ありがとう すだち。私はさびしいよ!
明日、今度はかぼすが旅立ちます。
by akemi-karko | 2009-05-29 10:50 | 愉快な仲間たち

金子みすずの詩

f0036223_9261864.jpg


毎日見ている月のカレンダーに、毎月ひとつづつ 金子みすずの詩が紹介されています。ほっとします。昨日は、”闇夜の星”を小田先生に朗読したら、先生から シェリーの”To the moon"が返ってきました。どちらも さびしい詩ではありますが、行き着くところの心情を詩に託している点に於いては 同じ ということになりました。今日は、この詩を持って 小田先生を訪問します。
  ”闇夜の星”
 闇夜に 迷子の星 ひとつ  
 あの子は 女の子でせうか 
 私のやうに ひとりぼっちの 
       あの子は 女の子でせうか・・
by akemi-karko | 2009-05-29 09:26

畑の月見草

f0036223_2013266.jpg

“体幹に へその緒巻きて 生(あ)れし児の ラ音の産声 一段と高し”・・久しぶりに詠みました。夜勤でふたつのいのちの誕生を介助。夜勤明け その余韻に浸っています・・
by akemi-karko | 2009-05-27 20:01 | 日記風即興短歌

300万年前のフスマ貝いただきました

f0036223_1992859.jpg

こんなものもらってしまいましたが・・私がもっていていいんでしょうか・・?博物館でもない私の家(ですよ)のテーブルの上で 眺められたり 触られたりしてますが・・。530グラムもある大きな貝の化石。友人の倉庫の整理をお手伝いしたら、「これ君にあげるよ」ってホイッと手渡されたのでした。ほんとに色々なものが 我が家には集まってきます。
 (敷物は 私が織りました)
by akemi-karko | 2009-05-27 19:09

まだいます すだちです

f0036223_14355485.jpg


里親のキャンセルがあったそうで かぼすとすだちはまだおります。
by akemi-karko | 2009-05-26 14:35 | 愉快な仲間たち

私の選んだナースシューズ

f0036223_1031049.jpg

白いシューズを探していたら、ありました。このPUMAに決まり!フィット感がダントツでした。
来週の 学生に先駆けての私の研修に備え 準備しました。実習が始まると、毎朝8時15分から始まる病棟の申し送り(入院されている方の情報の伝達)に間に合うように家を出なくてはなりません。渋滞なしで1時間の道のりでした。朝の出勤ラッシュにはまること間違いなし・・とすれば、6時には出なくては。毎朝、夫のお弁当を2食作ります。内容の異なる私のお弁当も加わります。起床5時か・・なんて スケジュール手帳を眺めながら その生活をイメージ・・すべては体調との相談。できない時は できませんから。
by akemi-karko | 2009-05-26 10:03

リビングの絵

f0036223_20423711.jpg

20代にバリで買った絵です。太陽の光で この黄緑色が眩しい程に輝いていたのでした。漆喰の白壁に映えてはいますが やっぱりウブドゥのあの太陽の下が 一番似合う・・一番しっくりいく場所って ひとにもものにもあるのでしょうね。
by akemi-karko | 2009-05-25 20:42

老人の独り言

f0036223_21551871.jpg

老人「僕は孤独なんです」沈黙・・
私「ここ(この家)でひとりかもしれないけれど ひとりじゃないですよ」
ちょっと微笑んで俯きながら老人「いい言葉だな・・」
孤独な老人が この日本には溢れている 
老人が淋しい国って なんなのだろう
なんて悲しい国なのだろう
マザー・テレサの言葉を思い出す「傷つくまで 与えなさい」
今日93歳になる祖母に会いに行った。「朱美が小さい頃はよくわしが手を引いてあちこち歩いたから、朱美の足は丈夫なはずだ」というおばあちゃん。”朱美に会いたい”コールを受けて、大好物のケンタッキーフライドチキンを手土産に参上したのだった。おばあちゃん・・国会中継を真剣に観ていた。「(国会中継を観てるなんて)優秀な国民だね」に笑った。でも、広い家にいつもひとりぽっち。目も耳もよくて,痛いところもない祖母は私より元気だ。孤独を除けば・・
by akemi-karko | 2009-05-21 21:55

笑った 笑った小三治に笑った

f0036223_20594556.jpg

楽しみにしていたまくら、そして落語をふたつ。さすが 小三治です・・。一階18列32番の席から 表情にしぐさ 音・・すべてを覚えておこうと すごい集中力で聴いた二時間半でした。来れてよかった。ほんとによかったです。「死神」のCDを買ってきました。楽しみは続きます・・
独演会の中で、”青葉の笛”という昔の歌の見事な独唱と解説がありました。これがまた誰に説明されるよりも源平の戦さについて理解できるもので 噺家は教師にもなれる・・と思いました。ひととして魅力ある教師であれば、生徒は目を輝かせて食らいつく・・んですよねぇ。そんな教師にいっぱい出会ってもらいたい 子供たちに!教師のみなさま、ひとつお願いいたします!
by akemi-karko | 2009-05-20 20:59

新 帯津三敬病院

f0036223_1038974.jpg

4ケ月ぶりの診察は、移転した新築の病院。南古谷から徒歩15分、ちょっと駅から遠くなり 末期がんの方ではつらいんじゃないかなぁ・・と思いました。四時半起床で 帯津着は九時過ぎ。中庭を眺めながら ただ今検査待ちです。
エコーを診てくださる方に 「胃はどうかわかりませんよね?」と聞けば「んん・・わかるとしたら 相当進んでるものよ」「それでもいいんですけど、わかるんであれば」胃カメラまだやってなくて とりあえず聞いてみたのでした。念のため 血液検査。これが・・ほらっやっぱり採れない。やっとやっと13CCを、凝血を気にしながら二人がかりで採血。結果は1週間後です。
帯津先生は、来週静岡に来られるとのこと。お元気そうでほっとしました。
(この写真、心霊写真じゃなくて ガラスに写った私のシルエット)
by akemi-karko | 2009-05-18 10:38 | がんのこと

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。