ブログトップ

月あかりの産屋

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

台風のあと光輝く二重の虹

f0036223_8165722.jpg

早朝 ふたりの赤ちゃんを取り上げ
くたくたで倒れ込むように数時間寝た
夕方 買い物で下る
そしたら この虹・・(^^)
しばらく 田んぼの側道に車を止め
圧倒される程の見事な半円(!!)の二重(!!)の虹を眺めた

疲れた時 体調が悪い時
私は、足の裏を指圧する
眼 十二指腸 気管支はいつも痛みを伴うが
ここのとこてきめんにコリコリは 副腎。
ストレスだろうか・・
エッセイのタイトルが決まらない・・って関係ありかな
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-31 08:16 | Comments(4)

和室にキリン(ジラフ)

f0036223_853076.jpg


キリンが好きという造形作家さんの作品
ケニアで キリンに餌を与えたことがある
ざらざらの舌が出てきそうなくらい
よくできている
やさしい瞳もそのまんま・・
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-28 08:05 | Comments(4)

どんなときも笑顔で

f0036223_14225599.jpg

村上佳菜子さんのはじけんばかりの笑顔
栗原はるみさんの恥ずかしそうに視線を45度落とした笑顔
素敵ですね(^^)
いいですね
ずっと傍らに置いておきたい笑顔・・
そんな笑顔であなたに寄り添っていたいと思います
ずっと ずっと・・

・・と思ってますから どうかわたしをお・こ・ら・せ・な・い・で(^-^)
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-26 14:22 | Comments(12)

素敵なリースをいただきました♪

f0036223_1553745.jpg

先週の秋祭り、一緒におでんやら豚汁と格闘してくださったのは
同じ組に引っ越してこられて二年の自然素材で立体画を作られるムラサワさん。
工房 山帰来(さんきらい)を構えていらっしゃいます
平屋の素敵な住居にお邪魔させていただくと よかったらどうぞ(^ー^)って。
早速 玄関に飾らせていただきました

グランドキャニオンは好きだけど、やっぱり 風鈴(^-^)が明るくていい☀
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-23 15:53 | Comments(4)

そしていつもの母子像

f0036223_21263295.jpg

言葉のいらない・・毎年 おっかけている(^-^)母子像は、画家小林憲明さんの作品
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-22 21:26 | Comments(4)

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展にて

f0036223_18574243.jpg

三年通うと お気に入りのアーティストもあちこちに♪
おもしろい!の一言につきます
写真は 杉山恵一邸展示のガラス工芸作家 石垣幸英さんの作品
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-22 18:57 | Comments(0)

葉っぱが一枚ゆらゆらと

f0036223_1115100.jpg

料理の手を休め(休ますほどのものを使ってるわけでもないのだが)
ふっと窓の外を眺めれば
一枚の柿の葉っぱが
クモの糸に引っ掛かり靡いている
ゆらゆら ゆらゆら
どこからきたのかわからぬ風に
身を委ねて
ゆらゆら ゆらゆら・・

おっと キムチナベが煮たっている!

緊張と緩和
そんな日々・・

わけあって(汗)運動療法 食事療法開始。
1昨日から ルームサイクル30キロやり始めました
もともと 体育会系。
結構 快感です(^-^)
 
新書「静岡の文化」での連載決定しました
また苦しみながら 楽しみながらの1年になりますが
どうぞお付き合いくださいませ(^-^)
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-21 11:01 | Comments(4)

地元津島神社秋祭り

f0036223_1836388.jpg


5年に一度の秋祭り当番
行燈の張替から おでん250串分 豚汁150椀分を作るのが主な担当
ふたりで二日がかりで作った
30センチの竹串に おでんを縦に並べて刺すのが伝統
竹の切りだしから 竹串担当は始まる
玉ぐし担当は 大きな榊を探しに山に入る
藁を編む担当に半紙担当 綿菓子担当に懸賞付きくじ担当
何役でもこなす

今回は 鯛の重さ当てクイズ があった
触らずに 見ただけで当てる
1264グラムだった鯛
私は1260グラムと書き なんと1等!
(もうひとり1等はいた)
日本酒1升とキッチンタオルのご褒美♪
なんか 最近ついている
 子供たちが減って 今年から屋台の引き回しがなくなった
しかし のどかな田舎の五穀豊穣 家内安全を願う祭りは
じつに仄々と 笑顔いっぱいで終わったのだった
 
この提灯は 職人さん手作りなり
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-17 18:36 | Comments(6)

原種に近いホトトギス

f0036223_1992034.jpg

先週 富士の見える青木平で出会った花。
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-16 19:09 | 花々 | Comments(2)

久々のゆずとれもん

f0036223_1947975.jpg

槙の木を揃え
絡まっている山葡萄や山芋の蔓をはらっていると
ゆずとれもんが 「ナンダ ナンダ ナニガハジマッタンダ?」
・・と覗きに(^^)

昨夕 NHKで宮崎口蹄疫問題のとり上げで 川越牧場さんの日々を紹介していました
27万頭という数の殺処分。臨月近かった母牛は 処分の前日に早産で赤ちゃんを産み落しました。
懸命な蘇生で呼吸を始め 立ち上がった子牛・・母親に何が起こり お産になり どんな思いだったのだろうと思うと涙がでます。翌日には 子牛も母牛と共に処分されたそうです。
終息宣言の陰には これほどの犠牲があったのです
人に生まれる 牛に生まれる ヤギに生まれる 猫に生まれる
その差は・・
[PR]
by akemi-karko | 2010-10-12 19:47 | 愉快な仲間たち | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。