ブログトップ

月あかりの産屋

<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

産後ケアは365日受け入れる

f0036223_6593137.jpg

今日も希望者があり 対応する。
不安なこと 心配なことをスマホで調べては 情報混乱をきたし ひとり悩むママ。
里帰りしても 親は働いていて 結局赤ちゃんとふたりぽっちのママと赤ちゃん。
高齢で育児に疲れてしまうママ。
ひとりひとりに深く関わっていくと時代が見える。
ケアは流動的に 思い込んでいる頭を緩めて・・が必要になる。
時代が変われど、変わらぬことも 伝えつつケアにあたる。
九月からは試行錯誤、振り返りの日々が続いている
今日のママは、どんな表情で助産院の扉を開け入ってこられるかな・・ そこの観察から 流動的ケアは始まる。
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-30 06:59 | Comments(0)

500年続く子育て飴のお店

f0036223_1811277.jpg

空也を見て 左に曲がった突き当たり。
偶然見かけたお店。
やはり麦芽糖を使われていました
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-25 18:11 | Comments(0)

六波羅密寺にて麻の葉模様見つける

f0036223_1335921.jpg

空也を見に 朝から歩いたこちらも初めて。
1日 一ヶ所巡りで十分満足。
常寂光寺、伏見稲荷、そして六波羅密寺。
五十代の旅は このペースがよい。
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-25 13:35 | Comments(0)

初 伏見稲荷

f0036223_1056044.jpg


イヴに 神社。
世界平和 と病気平癒 を祈祷した
それにしても外国のみなさんの多いこと とスマホ撮影だらけ・・に改めて驚く
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-24 10:56 | Comments(0)

今年も京都へ

f0036223_1873957.jpg

[PR]
by akemi-karko | 2017-12-23 18:07 | Comments(0)

楽しみにしていた 昭和の写真本が届く

f0036223_11204795.jpg

昭和三十年代 助産師が産湯(赤ちゃんが生まれて初めて入るお風呂)をタライを使って入れている写真があります
それを子供たちが じっと眺めている
いい写真。
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-20 11:20 | Comments(0)

産後ケアに携わって

この9月から 産後ケア専門に仕事をしている
日々 感じること 考えさせられることは 本当に多い
時代の変化によって 自分の中の基準は通用しないことも多々。
生活習慣、生活環境の変化 食の変化 
変わってきた骨格・・
伴って お産のあり方。
「やるしかないいんだよ」
「甘えてるよ」って それを言っていたら すすまない 救えない
それに 違う。
私の強みは、お産をしていないこと。
子育てをしていないこと。
「してもいないのに」 とか 「助産師ならお産しなくちゃ」と 若い頃は先輩によく言われた
言われる度 「そうだろうか?」と内心思った
していない私は先人の知恵や知識、そして 想像力 でカバーしている。
それは 経験より 強いときがある。(と思っている)
まずは・・すべてを受け入れる。
その器をもっていたい。

[PR]
by akemi-karko | 2017-12-15 11:22 | お産のこと | Comments(2)

ツリーを見ながら・・

f0036223_20214194.jpg

年賀状作りとも格闘。
パソコンは苦手です・・
どうやったら ハガキサイズになるのかなぁ・・さっぱりわからない
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-13 20:21 | Comments(0)

今年もあとわずか。

f0036223_17244127.jpg

明日からのハードな勤務を控え 突然の休日に絵など描いています
おかしいなぁ・・働き方改革したはずなのに なんか自由がない・・F9AC.gif
予定をたてることができない生活になっている
わたしの好きな「自由」はしばらくお預けかなぁ・・何処。
[PR]
by akemi-karko | 2017-12-13 17:24 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31